スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[脱いだ靴]がすべてを語っていないか?

宣戦布告かよ、海老蔵さん。
どうしてこうも指南役がバカなんだろ。

あ~あ、やっちゃった。これで『関東連合』、『警察』までも海老蔵は敵に回してしまった事になる。

おとといの会見、「知らぬ存ぜぬ一点張り」の強行突破は一体何のためだったのか、ちっとも仕掛けの原理が解らないのである。千客万来ぶりを自画自賛するカブキ…じゃなかった、某パチンコ屋のポスター

続きを読む

海老蔵なんて、しょせんは『歌舞伎座』?

『ミスター歌舞伎』こと、市川海老蔵さんが終わった、ご愁傷様。
今後は『黒い交際範囲』やら、「旧悪」「現悪」と報道は連なってゆくだろう。

海老蔵とはその『歌舞伎座そのもの』だったと申し上げておこう。

歌舞伎座取り壊し前を、上空から見下ろした図

いつもボクは歌舞伎の世界をバカにしてきた。
なぜあんなにサービス精神の乏しいマンネリがエライのか理解できない。
あの程度の芸を有難がって、観客が下手に出て「見せて戴かなくては」ならないのだろう。

猿之助さんのように、常に動いていなくてはならないのが大衆文化であるのに、こちらの『伝統屋』のほうというと千年一日、動かないことが財産のようにしているのが理解できない。

その殿堂、歌舞伎座とはそうした『羊頭狗肉』の象徴のように思える。

この写真があのもっともらしい重厚な作りの正面入り口で知られる
『「歌舞伎座」である』
とは日本国民のほとんどがご存知あるまい。
誰もが知る「歌舞伎座」とはこの写真の手前(で見えない)ヘキ面のデザインの外観とは、ごく薄い面でしかないことが判るだろう。

さすがは肝心元の松竹、「映画屋」だけのことはある。

多くにとっての「歌舞伎座」とは、じつは映画館のカンバンのように、表から見るとたいそう立派だが、その実うすっぺらい、シカメつらしくした『前面のカベだけ』を指す。

実体とはご覧のとおり、その天井とは「緑のブリキ屋根」にすぎない、じつはショボさ100パーセントの建物なのだ(笑)。
その正面奥、つまり舞台上の天井部分にしたってブリキ張りの屋上…と、見かけとはウラハラの安普請(やすぶしん)な建築物なのだ。空から見下ろしたら最後、まるで『アデランス載せ』オヤジみたいなのだった(笑)

続きを読む

千葉ロッテ日本一”弟分”キャンプ突入記

hidesanramen.jpg
『いやあ、やりましたねぇ。よくあれだけ選手がやってくれました。』

安房鴨川で迎えてくれた、ファーム総合コーチの袴田ヒデさんはうららかな日差しのもと、いまどき真っ黒な顔で白い歯だけむき出しにして喜んでくれた。

おい、なにやってんだマリーンズファンよ!
朝から午後遅くまで見物していたって、観客はせいぜいのべ50人だぞ~信じられない。
普通の工事現場だって、これくらいの通行人なら立ち止まって見物する数だ。

昨日の興奮っていったいなんだったんだ。
ゆうべから会う人逢う人みんなに
『おめでとうございます!ロッテすごかったですねえ!!!』と褒められっぱなしだ。
なんだかオーナーってこんなに気持ちいいんだろうなあと、ちゃっかり相乗り気分エンジョイ。

ところが、鴨川駅前喫茶店おばさんから駅員タクシーの運転手さんはじめ、鴨川のみんな「何でこないんですかねえ」ってぶったまげていました。
『ここは川崎球場か』(ちげえよ、[47人]が最低記録だったけど 笑)

続きを読む

どこへいった『カツシカク』…ん?

地元千葉のハシビロ氏も思案顔だ
ボクがあちこちで言いまくって来た、マリーン球場に戻って一気に『3勝1敗の王手』が惜しくも崩れた。
最終的には
それでもこのシリーズではロッテがセリ勝つだろう。

(いま、「試合開始前スタメン発表前」だけど、里崎はだいぶ背筋が痛そうでマズい。それから清田のグラブは古くてコシがなくなっている。ウェブの部分が弱すぎるため、ああして打球がポロリとこぼれる。誰かがアドバイスしてやるべき 緊急付記)

昨日のような奇跡的なアクシデントがなければ。

続きを読む

”拾う神”様に最敬礼

fukusabuguslq.jpg
福浦&サブロー「高畠学校」兄弟弟子の実使用jsy

世の中捨てたもんじゃない…という言葉で語られるようなエピソードの周辺には、いくつもの悦びのニッコリ顔が並ぶものだ。

そしてまた『棄てる神ありゃ、拾う神ある』と、これまた起死回生のキーを手にした安堵感あふれる顔が生まれる。

この『気ムズカ日記』も開始以来、かれこれ10年。いつもの調子=本来ならば、まずこの日記内で小社のお得意様に晴れて(?)おかげ様で…と刊行のご報告をしなくてはならないところであった。

続きを読む

プロフィール

前頭前野 重雄

Author:前頭前野 重雄
前野 重雄:東京下町生まれ&育ち。(有)流体力学・旭堂代表。

70年代以前は中学3年から週刊誌での報道取材記者、70年代初頭HAWAII移住7年。中盤からムービーカメラを回す。帰国後はライター。第1回週刊少年ジャンプ小説ノンフィクション大賞1席入選。
その後[なんでも鑑定団][うたばん][週間えみ~SHOW]で鑑定士として長期出演。雑誌連載多数。警視庁捜査一課特殊犯SIT部隊防弾装備を設計制作。単行本に「球界遺産」「客は幾万 来なくとも」など。GREE公式ケータイにブログ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。