スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だから言う「メジャーとカネ」後篇

イチローMLB初年度ベンチ入り全員寄せ書きボール
2001年の入団を前にして、イチローがマリナーズからのポスティングを得て入団する本格的交渉開始がきまった2000年11月頃。
あれから10年。もう『伝説』を築いたあとだから正直に語ろう。

たしかイチローの年俸については、渡米後に代理人アタナシオと合流し交渉が始まるという段取りだったが、神戸で牛タンをご馳走になりながら、彼はボクに訊いた。

『前野サンだったら、ボクの年俸をいくらと要求しますか?』
トニー・アタナシオはドジャースの往年の選手から、METS人脈につながるバレンタインなどいわゆるNYブルックリンのイタリアンアメリカン社会の御用達みたいな代理人だった。(だが現在ではその古くからのクライアントの多くと袂を分かっている)

だが彼には先述のモスのように、ノーランライアンの代理人として、”メジャー界初”となる『年俸100万ドル』の大台を勝ち取るような戦績などは持っていない中流エージェントだった。

トニーはイチローに『1年3~4百万ドル』との『胸算用』をささやいていたらしい。
『(こいつ自身も「イチローを判っていない」んだな)』ボクはあきれた。
強調文小宮山さんもコントロールは抜群なのに、この代理人を紹介した際には手許が狂ったのか?。

イチローは最近、『(メジャーに)行けるならいくらでもいい』という積もりだったと述懐しているが、それは本音だろう。あの当時そうしたカネの匂いを彼から感じた事は一度もなかった。

『ボクなら800万ドルですね』
『うっそ~~、ガハハ、』思いっきりイチローが笑ったので印象に残っている。

『イケますって、それくらいの活躍はできる。それにオーナー会社は「初のメジャー日本人打者」として、ゲームソフトの売れ行きも革命的に変わるでしょうし。日本での版権からの収入考えだけでも十分ペイできる価格ですよ。』

イチローは、店長やマスターなどにボクの出した価格を「まさか」と卑下?しながら周囲にばら撒いた。
大いに照れている様子でもあった。

それら半信半疑の根拠といえば、せいぜい中畑、大島、田尾氏らOB連のMLB知らずの素っとん狂な勝負カン(笑)からの予想だけである(もっとも、対面当初アリゾナではピネラ監督などさえ「せいぜい2A」と英語メディア用にはリークした)。

あの当時、放送媒体も『野茂の登板予定』にあわせてすべてのメジャー情報というものは動いていた。
だから、ボクはある放送局幹部に『いっそメジャーの中継権利を買ったらどうですか』とまで提案した。

だって、イチローという打者が入ったとたん、前後のラインアップや同僚、さらにバットのライバルらまでがイチローを軸に絡みつくわけで、自然と様々なキャラも浮かびクローズアップされ、MLB全体に深みが出てくる。それでこそボールパークが浮かび上がってくるわけではないか。

野茂の活躍は大評価すべきだが、「イチローのMLB加入」…これはまさに日本スポーツ界にとってのジャイアントステップだろう。

思わずパッパッと頭の中で計算し、その『800万ドル』という回答に確信が持てた。
おそらく、一生涯の中で最も自慢できる自信あふれる鑑定価格発表の瞬間だった

成功をどれだけするかは二の次。ボクが確信できたのは『イチローは失敗しない』という要素。これは他の誰を代入しても果てしなく大きかった。

強調文離日する前、その晩23時ごろだったか、
ボクと氏の中学時代同級生氏とを誘い、たん屋を出て、一行は『最後に、これは忘れず食べておきたい』とイチローが先導する「神戸にしむら珈琲店」へ。

そこのチョコレートパフェが彼の名残りの味と知り、楽しくなった。
いずれにせよ、低く抑え過ぎた年俸をベースにしているというのに、ロクなインセンティヴも用意せず、ボクのはじいた800万ドルの鑑定価格と、彼との値付けの仕方はどちらが正しかったか。

カッコよく言わせてもらおう。
『それは歴史が証明してくれた』のではなかろうか。

ちなみに、松井秀喜の『425万ドルで1年契約』について考えてみよう。
肉体的にボロボロだとか、気の毒だとかボクは普通の皆様よりも同情を彼にしている。
それは置いておいて、シビアーにプロとなって診る。

まず、外野手としての肩:*よくこれだけガマンして出ていたし、また使ってくれていたものだと思う。
メジャーの外野手で、誰ひとりああした投げ方をしている選手を見た事がない。
彼はヤンキースに入って間もない時期だと思うが、右肩(のおそらく貝殻骨ウラを)故障して完治を一度もしていないだろう。巨人時代との投げ方の違いでも判ることだ。

また持病と公開された膝も、完治は難しい部位の様だ。

彼の何より素晴らしいセールスポイント。
それは『外角低め』がなんと最も好きなコースであるという事だ。
反対に苦手は真ん中から内側だ。内角高めを王貞治氏はすべてホームランにしたのか?と思うほど、そこへ行ったらまさにアーメンコーナーだった。
松井は逆である。

世の投手コーチは、いい投手に育てるため『外角低めに』投げられる制球力をつけさせる。
そのために走らせ、そして投げ込ませる。すべては「外角低めいっぱい」のために。
どうしても軸足から最も遠い位置にあるポイント。
そこにバットのスゥイートスポットを持ってこさせるなんて、いかに困難か確率的にも理解できよう。
ところが松井にとっては、きわめて『ホットなヒットゾーン』がそこにある。

ボクは彼の恩師、星陵高校の山下監督のご指導が『センター返し主義』に始まり、またそこに還るといった教育が『外角の低め』からのヒットを秀喜に打たせるうち、そのヒットの延長がすなわちホームランへと色が変わっただけ…と考えている。

だから、ボクが注視していた『ホークスで最もセンター返しをやらせたらNo1の実力』は、今年戦力外宣告受けた星陵の後輩、辻武史だろうと信じて疑わない。
無理しても大きいのを打てばいいといった現代野球の最も愚かで前近代的な球団編成センスが、この松井の後輩を路頭に迷わせているのだ…とボクはうらむ。

秀喜は驚いた才能だ。普通と逆。
ヘボな投手は、意識しないとその絶対的な投手有利のゾーンにタマがいかない。
逆にマダックスのような超天才となると、『気を緩ませると、正確に外角低めに』行ってしまうのである(笑)。

松井の攻略法に、スコアラーが『真中から内側を攻めろ。ど真ん中でもいい』とのデータをアップしても、にわかには実行に移せない(笑)。
NPBとは違い、捕手がまだ原始的なメジャーのように、投手が考えて投げる…それだけに松井の打者生命は長い生命線を保てるといえる。

だから、松井には『大きいのは要らない。確率的に敵のピンチこそ、得意コースにタマが来るぞ』と囁いてやりたい。あのNYY入団直後。
スタインブレナーは『ナンだ松井はホームランを打てないじゃないか。下げろ』とほざいて、逆にトーリは首を賭けてオーナーにこう言い返したの真意の意味がなぜ今も判らないのだろう。

『ヒデキはホームランを狙わなくていい。打点を稼ぐ打者になってくれればいいんだ』
そう、ピンチの際にこそ放って来る「外角低め」を逆らわずセンターを中心に打ち返しなさい…とのアドバイスだったのだ。

いずれにせよ、秀喜を『1年425万ドル』なんていう契約しか持ってこれないテレム代理人など、どこに未練があるのだろうか。その程度のプライスで満足なら(インセン契約も多いのだろうが)、巨人だって楽天だって西岡放出で稼げる分、マリーンズだって楽に雇える金額だ。

アメリカにいなければならない金額とはほど遠い。代理人としての敗北である。

ともあれ代理人は、勝ち取った「契約金+年俸の『3%』」をメドに成功報酬として受け取る。
他の代理人が勝ち得た契約を引き継いだりして、貢献度が薄い場合にはそこから1%とか2%差し引いたり、
逆にブツが「中学生くらいの時から援助を与えてMLBにまで放り込」めた際などには『5%から始まる』ほどとなる。(それが今、大問題となっている)

ここに笑えぬ話がある。
日本のタレント業界など、あるお笑い事務所などは『ギャラの90%』を平気で持ってゆくが(「事務所名が優先」するから 笑)、モデル事務所とか一般のプロダクションで一応ベテランならば、(知名度優先で)『30%の手数料引き』が相場。

ところがメジャー上陸間もない、不慣れなある選手、そうとも知らずに代理人と結んだ契約がなんとこの後者。CM契約と球団契約もゴッチャだったのだ。
それは日本人代理人自体がそういうレートを知らなかったためで、
『3割も代理人に差し引かれていた』のを後日になって知った選手も、まさにあとの祭り。
契約は契約なのである、しかたない。

この差は大きい。
今回の松井秀喜がアスレティクスから「1年425万ドル」頂戴するのを例にとれば、
3%で1275万円なのに、なんと「1億2750万円」も支払っていた計算となるのだから、馬鹿というよりも、もはや憐れとしか言いようがない。

そうした手数料が年俸を更新するたびに3%ずつ無条件に入ってくる。
それが豪腕代理人などと言われる御仁ともなると、百人以上のクライアント選手をかかえると言うのだから気が狂いそうだ。(もっとも、一人では手が回らないのでアシスタント的に担当者を立て、彼らには「1%」くらいのマージンを回す)

簡単に述べてきたが、この人間往来に良心やら正義感などは求められるだろうか?
『肩やヒジなどの致命的な故障』、『精神障害的トラブル』など、代理人はそうした『収入を減らす要素』をディスクロウズして交渉に当たるほど善人ではないし、デイビー・クロケットではない。

ただし現代の代理人らは、経営コンサルタントとして、またフィジカルな相談を…となると、まさにアメリカでの最先端ノウハウを駆使してクライアントを支えてくれる。これは強力なシンクタンクのようなものを、まともな代理人は用意しており、(もちろん、クライアントの負担で)即座に動員して見せるだろう。

契約書にサインをしてから…約束が違うじゃないかと、絶望したって始まらない…というので、『性悪説を最優先』してのこと?か、契約下交渉に両者同意したあと、雇用主側がさらに選手をドクターに診せて最終的なアビリティの最終チェックを行う儀式が、業界の常識として根付いたのはまだ最近のことだ。

シーズンが終わり、FAだのポスティングだのの声が飛び始めると、スポーツ新聞が騒ぎ出す。

「OOにメジャーのXXなど数球団が名乗り」「西海岸のXXがOOを調査、$000万ドル提示か」

この日記毒者諸兄に申し上げておく、ついでに憶えておいて下さい。ゆめゆめ『前野サンほんとですか』などと訊かないで欲しい。

これらはすべてガセネタ、言って悪けりゃ憶測だけの記事である。
最初の『XX球団が関心を寄せ…』なんていうトバシなんてのはそのスポーツ紙が、『00を獲るとしたら、その守備位置の選手が手薄なXXだろう』と考えたチーム名を勝手に出すだけだ。

じっさい、MLBにかつて向かう件でボクが相談を受けた選手のケースでは、何も動いてもいない時期から、『OOはXX球団へ』まで書かれてボクも本人も飛び上がった事がある、着地したあと皆で大笑いした。『そのチームだけは話があっても断る』と申し合わせてあったほどだったからだ(笑)

仮に、万が一ズバリそうだった…ケースがあったとしても、絶対にYesもNoも、おくびにさえ出さない。
アメリカが核兵器の存在につき、日本の誰に何を聞かれても徹頭徹尾、65年間というもの『おくびにも出さない姿勢』でいるのと同じ。このへんの徹底ぶりはアメリカ人と日本人では白と黒ほど違う。

つまり、『XXチームが補強するのにはOO君がいい』と興味を持っている事が知られたら、その後、あらゆる利益はOO君側には来るだろうが、絶対にXX側には損失しか来ない。

よく最近のテでは、XXチーム番記者のブログだの「ツイッターによれば」なんて逃げ道が登場して、「Aという幹部が食指を」動かしている…なんて本当だったら、次の日はクビになっている。

日本人はこの点を知らないのだが、品物(選手)をめぐり球団が雇い入れる契約では
@球団が一方的に『あなたをOOOドルで雇います』と提示する
ここから交渉が始まる…のであって、

絶対にないのが、選手やエージェントが
@お宅へ入りたいのだが、000ドルくれませんか?
そうは持ち掛けないものだ。

じっさい、ボクの会社が選手にサインビジネスを申し込むのでも、
@おいくらでサインをやってくれますか?
とは訊かない。

正しくは、あなたのサインボールでビジネスがしたいので、
@000ドルで100個サインをしてくれませんか?
こう訊く。

それを相手側が、高いと受け止めたら「OK」となり、安いなと思ったら「NO」となる。

どうも日本のスポーツジャーナリズムでこうした『USAビジネス原理』をわきまえた上で、報道をしている方は一体いるのだろうかと案じてしまう。

水面下の動きが活発になってくると、あらゆる謀略的ネタが飛び交う。
@たとえば、NYYがLADのFAリスト選手の野茂を欲しいと画策する。

すると、新聞には消息通の話として「LADは野茂を引き留めるよりも、むしろATLの川上にご執心だ。そのため年間700万ドルを用意した」などという”内部情報”が明るみに出る。

すると、ひそかに野茂を狙っていた他球団がその金額の多さに撤退したり、野茂に対してNYYは『べつにキミの事は注目していないわけではないんだけどなあ~』などと、野茂側からの面会要求などを一度ははぐらかしたり『それに高いし』なんて、野茂側からの希望額をそれとなく引き出すきっかけとしてこのニセ情報を利用したりする。(で、日本人ファンばかりがヤキモキする)

ところが、このウワサをリークしたのがじつはNYYではなく、安上がりに引き止めたい当のLADだったりする…のだから、お立会い!

『XX球団が000万ドルを提示か』なんて記事を、事情通の地元紙記者がソースだとして信憑性持たせるように書くことがある。

言っちゃ悪いが、日本の新聞のコメント料なんて『五千~一万円』に過ぎない。
10億円を超えるような取り引きの内情を仮にスッパ抜いて、それで下手をすれば「それが本当なら」破談となった当事者らに訴えられかねないのである。

それでその報酬がこの金額…だったら、何のために生きているのだろう(笑)
そうしたショハンの事情を並べてみたら、いかに彼らがガセネタというゴミを無批判に、無定見に咥えて持ってきては活字にして日本の毒者に垂れ流しているか、存在意味をさえボクは疑わざるを得ない。

オフのこうした観測記事を今後一切載せないとか、毒者と一緒にパズルのように考えて遊ぶとか、方向を大転換すべきではないか。

それから、まだある。
『闇の代理人』と言うヤツである。

これはMLBよりも、もっぱらNPBに多く棲息しているようだ。
彼らは、所属する球団の経済を預かる立場にいて給料を頂戴しているのだが、どうも新入団させる段階でまず契約金や年俸を「数パーセント」キックバックさせているらしい。

というのも、通常の球団では嫌がるはずの『外部代理人』を、わざわざ紹介してきたり(笑)、その選手がMLBに挑戦する際にも『代理人の一人』としての『数パーセント』を定期的に供与されたりする立場をも保持しているらしい。

そうなったら言ってみれば、所属球団にとっては背任横領にあたる。
さらに、そうした人間が年俸を左右するのではいわゆる『お手盛り』で、選手と自らの取り分をダブルで頂戴するのではこれはおかしい。

今後は、MLBに挑戦するという選手を送り出す際には、国税局Gメンに見送りから立ち会って頂いて、関わった人脈を総チェックして戴きたいものである。

誰もがヨダレをたらしそうな、かかる”不労所得”の世界に、ボクのように無報酬で立ち会ったりする者がいると、そりゃあまあ人間模様が面白く、この前の本ではないが、あと何年かするとまたビックリするような内容の本が出せるかもしれない。

『メジャー入りは、あくまでボクの収入を増やしたいのが第一です』
なぜ堂々たる根性の男がいないのだ。どうしてこう宣言できないのか。
野茂の1995年元年より15年。
そうした『本音』をいつまで経っても言ってくれないから、すっかりMLB挑戦やらFAまでが薄汚く思えて、多くの日本国民がうんざりし始めている。

気付かないのは彼らだけだ。

だからその『出稼ぎ』を指して、未だに彼らは
『子供たちに夢を与えるためだ』などと錦の御旗を振りかざしていられる。

とんだお笑いグサだ。

日本のどこを探したら、そこまで『金銭欲に目のくらんだ』クソがきなど発見できるのか、ぜひ紹介して欲しいものだ。
それに『3パーセント』程度のエージェントフィーなどは惜しまないから(笑)
スポンサーサイト
プロフィール

前頭前野 重雄

Author:前頭前野 重雄
前野 重雄:東京下町生まれ&育ち。(有)流体力学・旭堂代表。

70年代以前は中学3年から週刊誌での報道取材記者、70年代初頭HAWAII移住7年。中盤からムービーカメラを回す。帰国後はライター。第1回週刊少年ジャンプ小説ノンフィクション大賞1席入選。
その後[なんでも鑑定団][うたばん][週間えみ~SHOW]で鑑定士として長期出演。雑誌連載多数。警視庁捜査一課特殊犯SIT部隊防弾装備を設計制作。単行本に「球界遺産」「客は幾万 来なくとも」など。GREE公式ケータイにブログ

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。